有給休暇の取り方、日数、計算方法、有給休暇総合案内サイト
有給休暇取得マニュアル
正社員、パート、アルバイトのための年次有給休暇の利用法と労働基準法の基本を紹介します。

INDEX
有給休暇(TOP)
サイトマップ
転職情報
 
有給休暇のしくみ
有給休暇の発生
6か月勤務について
8割以上の出勤率
有給休暇の日数
有給休暇の繰り越し
 
有給休暇の知識
パートの場合
有給休暇の取り方
時季変更権
計画的付与
有給休暇の賃金
 
有給休暇(TOP)

有給休暇の総合案内



 出産手当金


 出産ため働かなかった場合で、収入がなくなったときは、生活保障として、健康保険の制度から出産手当金(原則:1日につき標準報酬日額の3分の2)が支給されます。


 出産手当金が受けられる期間
 出産手当金は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。ただし、休んだ期間にかかる分として、出産手当金の額より多い報酬が支給される場合は、出産手当金は支給されません。

 @出産日以前42日(多胎妊娠の場合は98日・出産予定日より計算します。)
 A出産日後56日、の間で労務に服さなかった期間
 *出産日当日は、産前扱いとしてカウントします。


 出産が予定より遅れた場合
 予定日より遅れて出産した場合は支給期間が、出産予定日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産日後56日の範囲内となっていますので、実際に出産した日までの期間も支給されることになります。たとえば、実際の出産が予定より10日遅れたという場合は、その10日分についても出産手当金が支給されます。


 支給される金額
出産手当金は、1日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額が支給されます。  

 出産手当金 = 標準報酬日額×3分の2
 *標準報酬日額=標準報酬月額÷30(10円未満四捨五入)


 出産手当金と報酬との調整
給料の全部又は一部を受けることができるときは、

原則:その間、出産手当金は支給されません。

例外:給料の額が、出産手当金の額より少ないときは、その差額が支給されます。

詳しくは 出産手当金・出産一時金/社会保険・健康保険ガイド


スポンサード リンク



社会保険・労働法務・労務管理・教育訓練研修
一般企業・労務担当者向け実務養成・研修DVD


人事労務管理担当者・実務養成講座
労働・社会保険の手続き、労働基準法、労災保険法・雇用保険法、育児・介護休業法等の
相談、実務についての実務力を養成するための研修教材(DVD)です。


  労働実務・基本セット
   @社会保険実務講座(労働保険編)
   A社会保険実務講座(社会保険編)
   B労働基準法基本講座
   C労災保険法基本講座
   D労働時間管理と割増賃金
   販売元:セミナーハウスアビリティ
 
有給休暇取得マニュアル(TOP)
Copyrightc 正社員・パート・アルバイトのための有給休暇取得マニュアル All rights reserved.