有給休暇の取り方、日数、計算方法、有給休暇総合案内サイト
有給休暇取得マニュアル
正社員、パート、アルバイトのための年次有給休暇の利用法と労働基準法の基本を紹介します。

INDEX
有給休暇(TOP)
サイトマップ
 
有給休暇のしくみ
有給休暇の発生
6か月勤務について
8割以上の出勤率
有給休暇の日数
有給休暇の繰り越し
 
有給休暇の知識
パートの場合
有給休暇の取り方
時季変更権
計画的付与
有給休暇の賃金
 
出産休業と育児休業
産前産後休業
出産育児一時金
出産手当金
育児休業
育児休業給付金
 
労働基準法の解説
労働者保護規程
労働契約
労働条件の明示
解雇・解雇制限
解雇予告
労働時間・休憩・休日
36協定(時間外労働)
年次有給休暇
平均賃金
休業手当
変形労働時間制
フレックスタイム
就業規則の作成
年少者の保護
女性労働者の保護
労働基準法実務講座
 
 
有給休暇(TOP)

有給休暇の総合案内


スポンサード リンク



 フレックスタイム制

 
フレックスタイム制(労働基準法32条の3)

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定(労使協定)により、フレックスタイム制を採用することができます。

労使協定で定める内容

@対象労働者の範囲
A清算期間(その期間を平均し1週間当たりの労働時間が40時間(特例事業場の場合は44時間)を超えない範囲内において労働させる期間をいい、1箇月以内の期間に限る。)
B清算期間における総労働時間
C標準となる1日の労働時間
Dコアタイムを定める場合又はフレキシブルタイムに制限を設ける場合は、その時間帯の開始及び終了の時刻

*コアタイム:必ず労働しなければならない時間帯
*フレキシブルタイム:労働者がその選択により労働することができる時間帯

ポイント
@フレックスタイム制とは、始業及び終業時刻の両方を労働者の決定にゆだねるものであるので、始業及び終業時刻の一方のみをゆだねるのもでは足りない。

Aフレックスタイム制を採用した場合でも、休憩の規定は排除されるわけではない。

Bフレックスタイム制を採用した事業所の労働者が、年次有給休暇を取得した場合は、その日は労使協定で定めた上記C標準となる1日の労働時間、労働した扱いとなる。

Cフレックスタイム制を採用している事業場でも、一斉休憩の例外にあてはまらない場合は、労働者に一斉に休憩を与えなければなりません。


スポンサード リンク

有給休暇取得マニュアル(TOP)
Copyrightc 正社員・パート・アルバイトのための有給休暇取得マニュアル All rights reserved.